黒田哲史 黒歴史 新山千春と離婚!

  • LINEで送る

黒田哲史の黒歴史

 

タレントの新山千春と離婚した黒田哲史。
原因はスレ違いとのこと。

 

結婚後、度々離婚が囁かれていたようだが、その理由とは…?
原因とも言われた黒田哲史の人物像とは?

SponsoredLink

黒田哲史
兵庫県神戸市北区出身の39歳。
189cm84kg

1993年、神戸村野工業からドラフト4位で西武ライオンズに入団。
大型内野手として期待されていたが、田辺徳雄や松井稼頭央などの存在で

出場機会に恵まれずに守備要員暮らしが続き、ほとんど打席に立つことがなかった。

2002年開幕直前、交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。強肩と堅実な守備で評価を得て、

2004年には出場機会が増え、9月に巨人のチーム年間240本目の本塁打を打ち、プロ野球記録を更新した。

2004年タレントの新山千春と結婚。
(できちゃった結婚)
2006年第一子、新山小春誕生。
(本名 黒田萌愛)

 

2005年までは、代打や、守備固めとして三塁を任さられることも多かったが、
2006年日本ハムからトレードした古城茂之にそのポジションを奪われ、戦力外通告をうける

同年、無償トレードにより古巣、西武へ再入団。

しかし成績は振るわず、2007年またも戦力外通告をうけ、現役引退。

その後、2008年12月、一軍打撃コーチ補佐に就任。
2010年10月、二軍守備走塁コーチに配置転換した。

 

このことについて世間からは 、
デーブ大久保がスキャンダルで辞任したから、穴埋めで就任したに過ぎない。
現役時代の通算打率が1割台の黒田が、一軍打撃コーチ補佐とは…務まるのか?

 
との声も多かった。

 

経歴を見てもわかるが、度重なる成績不振や、出番さえない状態、状況がどんどん悪くなるにつれて、新山小春の露出が増加。
子供も一緒に番組出演もよくみうけられた。

 

この頃、世間も
あぁ、旦那(黒田哲史)が稼げないから奥さん(新山千春)出だしたなー
なんて当たり前のように思っていたようだ。

 

離婚がずっと囁かれていたのは、上記のようなことが原因だろう。
今回の離婚報道も、やっぱり…と思ってる人はたくさんいると思われる。

 

スレ違いが理由と発表されているが、決定打はきっと黒田哲史の年収だろう。
現役引退して収入が大幅に減少したのは大打撃だったのでは…

 

野球選手との結婚生活、新山千春が思い描いたものとはかけ離れていたのではないだろうか。

 

離婚については、黒田哲史だけが問題があるわけではないようで、
2009年、新山千春は有名美容師の朝日光輝さんと夜の恵比寿での手つなぎ&お家デートをフライデーされている。

 

その後、2013年に清水アキラの息子の清水良太郎とも噂が…
娘も一緒の3人でのデートも多数の目撃をうけていた。

 

もう夫婦に愛がないのがよくわかるよね。
戦力外通告されたら、私が夫を支える!とまで言っていたのに、蓋を開ければ見切りをつけて他の男という結果です。

 

こんな報道が出たのもやっぱり黒田哲史が引退してからだから、やっぱりお金か…

 

最近では、 「ゴミの匂いが嫌!ゴミ捨ては汗で汚れた旦那がやればいい」なんて発言もしていたくらい。
黒田哲史の収入減とともに愛もすり減ったのだろう。

SponsoredLink

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

成長因子 育毛剤