訃報 三五十五 闘病の末 肺がん 全身転移で死去

  • LINEで送る

世界的パフォーマンス集団‘電撃ネットワーク’’のメンバー

 

三五十五さん(本名・小林祐司)が

3日深夜に死去されました。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

三五十五さんwiki

 

3515

 

三五十五(さんごじゅうご)

本名:小林祐司

 

日本のパフォーマー・お笑いタレント・ミュージシャン。

人体実験パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のメンバーであり、

主にMC(司会)を担当する。

 

茨城県出身

茨城県立松丘高等学校卒業。

 

動物の知識が深く、ショーに使用するサソリやすっぽんなどを

調達をする役目でした。

SponsoredLink

特に熱帯魚に関する知識が深く、熱帯魚雑誌に連載を持っていました。

 

既婚者であり、お子様も一人いらっしゃるようです。
 

三五十五さんの死因は

 

35152

 

三五十五さんは一昨年夏に体調不良を訴え、

肺がんが発覚しました。

 

兆候として、立てなくなるほどのめまいや、

止まらない謎の咳などの異変があったようです。

 

おかしいと思い、病院を受診したところ、

がんが全身転移している状態で、

 

「余命1週間」との宣告を受けたましたが、

 

メンバーやファンの力なのか、奇跡的に体調が回復していたそうです。

 

35153

 

 

2014年12月21日には、東京・新宿の猪木酒場で行われたイベント

 

「電撃クレイジーナイト忘年会ダァー!」

に病院から駆けつけ、話題となりました。
超満員の会場に現れ、帰ってきたという報告と同時に、三五十五さんは

 

「ここまでこれたのも本当に皆さんのおかげ。

いろんな方からたくさんのお見舞いや激励の言葉を頂き、

なんとお礼したらいいかわからないが、必ず恩返しします」

 

とファンに誓っていました。

 

「歩けない、目が見えない、手足がしびれて読み書きができないでは、

ショーに出る資格はない」とリハビリに毎日はげみ、

 

ファンの声援が効いたのか「一日も早く復帰したいし、

これからも体調が良ければちょいちょい顔を出したい」と、

 

完全復帰に前向きな姿勢を見せていたそうです。

 

奇跡が続くかと思われましたが、

 

最近は体調を崩して酸素吸入器をつけ、

家族以外は面会できない状態だったようです。

 

52歳という早すぎる訃報です。

 

三五十五さんヘビースモーカー気味だったようで、

 

ブログには

 

普段だと1日1箱以上吸ってしまい、2日で3箱近いペースで吸ってしまう

 

という旨を書かれていました。

 

タバコはやはり肺がんのリスクを高めるのでしょうか…

 

少しそれましたが、最後までファンと仲間を生きる活力にかえた

三五十五さんはやはりアーティストです。

 

心よりお悔やみ申し上げます。

 

SponsoredLink

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

成長因子 育毛剤