自民党の地雷…前川恵

  • LINEで送る

maekawa
自民党衆議院議員、前川恵さん。
39歳の料理研究家という肩書を持っている。

この女性、とんでもない発言をしたことで話題となっている。

第188特別国会が12月24日に召集され、初当選した議員43人が初登院した。
うち、比例東京ブロックで初当選した自民党の前川恵さん(39)のインタビューが、ひどいものだった。

まずは、事務所前での会話

SponsoredLink

記者「これからどちらに行かれるんですか」

前川恵「今からあの…、あ、ごめんなさい、何て言えばいいんですか?」

自民党スタッフ「初登院」

前川恵「初登院?」

スタッフ「はい、初登院のため…」

前川恵「のため…」

スタッフ「中央玄関に参ります、と」

前川恵「えっ何? 何?」

まぁ、この会話だけならまだ緊張と取材なれしてないせいか…とも思えますが…

次に国会前での会話
記者がアベノミクスについて尋ねると、

前川恵「国民の皆様が、こういう期待、という、アベノミクスに対しての、評価を得たんだと思います」

記者「ただその一方で、実質賃金がすごく下がっているというようなデータも一方であるんですけれども、その点はいかがですか」

前川恵「それもひとつの課題、だと思いますが、…まあ、…どうしよう、わかんない(笑)」

記者「思うことがあればと思うんですが」

前川恵「まあ…、コメントは、控えます」

えっ!?

続いて議員定数の削減について聞かれると…

前川恵「ま、削減、は…、個人的なことですよね? 私は削減もあり、ありだと思います。あれ、自民党の方針ってどうでしたっけ?」

記者「議員定数が削減されると、比例の議席って減っちゃいますよね。って言われてるんですけども」

前川恵「(笑)」

記者「その中で…」

前川恵「わかんなーい(笑)、それ。それはもう、ノーコメントです。私はもう、『食』って分野で、精いっぱい自分のできることを、やっていけたらと思っているので」

はー??

もう何この女としか思えない対応。

これで国民の血税から2000万もらうんだよね?ないわー。

誰も納得しないわ。
その2000万で着飾って料理研究と言う名の美食パーティーでもするんじゃないの?
きっと。もう不信感しかないです。

政治も理解してないし、党の方針もあやふやで、明らかな勉強不足が露呈してた結果ですね。

こんな人が当選するなんて、この選挙本当に茶番劇でしたね。

食の分野だけ頑張りたいなら、議員になる必要ないよね。ずっと自称料理研究家しててください。
前川恵さんが4年間で成し得ることは何もなさそうです。

SponsoredLink

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

成長因子 育毛剤